子育てパパの遊びのススメ

あびンゴ!編 / 好き勝手な感想に愚痴、ときおり登山に海にキャンプ!

子連れ登山の注意点をまとめてみた

今回の御嶽山の噴火、色々とショックを受けました。
動画や写真を見ると、山登りをしている人間としては、あれがどうにも逃げようのない状況なのがひしひしと伝わるんです。

自分が息子を連れて登っていて、あの瞬間に遭遇したらどうするか?
ニュースを見るたびに考えてしまいます。
ヘルメットを被せるくらいはするでしょうが、やはり運任せに下を目指すことしか出来なかったと思います。


連日のTVでの報道にもありますが、今回の噴火は「水蒸気噴火」とのこと。
予兆もあまりなく、突然に起こることが多らしいです。

正直、火山の噴火はかなり前から予兆が現れるものだと理解していました。
そういう意味では、完全に知識不足。
百名山の一つである御嶽山も、当然登る予定リストに入っていましたので、今回難を逃れたのはただの幸運ということになります。


なので・・・
焼岳や、浅間山に近々登ろうと思っていましたが、当面見送ることにしました。



また、噴火と直接関係ありませんが・・・
子連れ登山の記事をたくさん書いている立場としては、子連れ登山をする際の注意点についても書いておこうと思います。
(もちろん、子連れじゃなくても注意すべき点でもあります。)



1.天候が悪い時は無理をしない

登山用の雨具を常備することはもちろんなのですが・・・
雨や風が強いときは、無理をしないのが一番です。
以下、理由を箇条書きしてみます。

・ゴアテックスの雨具であっても中は相当蒸れるため、体力を結構消耗する。
・雨具を着ていても、袖口やフード横から雨が染み込み、体温が低下することがある。
・雨が強いときは、当然ガスも濃くて視界が極端に悪い。
・濡れた岩場や落ち葉はすべり易い。
・渡河するコースでは、沢の水が増水していて渡れないことがある。
・強い風が吹いていると、重心がズレて転倒しやすくなる。

また、山の天気は変わり易く、歩いている途中で急に雨風が強くなることがあります。
天気が悪化する可能性があるときは、事前に避難小屋の位置を確認したり、引き返す判断をするポイントを決めておくことが重要です。

[2014雲ノ平]p096



2.雨雲レーダーのアプリを積極的に活用する

事前に天気予報を見ておくことはもちろんですが・・・
やはり、リアルタイムに雨雲の動きがわかるのは貴重です。



もちろん、山の天気は平地のそれと違うこともままあります。
なので、天気予報やアプリで表示される雨雲情報と違う結果になることもありますが・・・
少なくとも、これから天気が下り坂なのか上り坂なのか、それくらいは把握できると思います。



3.GPS情報を利用する

一番いいのは、ガーミン社などが出しているGPS機器を買うことなんでしょうが・・・
値段がかなり高いのが難点です。

現在は、MAPPLE社などが、スマートフォン用の登山地図アプリを出しており、GPSを使って登山道のどこにいるかが把握できるようになっています。



事前に目的の山周辺の地図を、1つ500円で購入することになります。

GPSは位置情報をオンにしないと作動しないため、登山中ずっと電源をオンにしておくと電池がかなりの速さで消耗します。 なので、必要な際に適宜電源を入れ、現在位置を確認するのがオススメです。

当然ですがこれがあれば紙の地図がいらないということではありません。
GPSは、木々の多い場所なんかではうまく情報をとることができません。 また、万が一スマホの電源が切れた場合に、アプリで地図を確認することができなくなります。 紙の地図も必ず持っていくようにしてください。




4.夏山は午前中に歩き終わるコース設計にする

登山と言うと冬山の恐怖ばかりが強調されがちですが・・・
夏山の雷も、かなり警戒しなければならないことの一つです。

夏は陽射しが強いため、日の出とともに急速に地温や気温が上昇します。
すると、地面に含まれる水分は水蒸気となり、温められた空気と共に上昇し始めます。
これが入道雲ができる仕組みです。

入道雲の上のほうでは、冷たい空気に冷やされた水蒸気が氷の粒になります。
ただ、下からの上昇気流によって落ちることなく雲に滞留し、粒同士がぶつかりあって静電気が溜まっていきます。
そして、帯電が許容範囲を超えると、雷となって大気中に放電することになります。

山では雷雲が下にあったり、雷雲の中に入ってしまうこともあります。
実際に体験した人の話ですが、山では雷が横や下から飛んでくるそうです。
ですので・・・

夏場はなるべく午前中に歩き終わるコース設定にしましょう。

心配な方は、↓のような雷探知機を持っていくのも良いかもしれません。

雷探くん 携帯型 雷 探知器 NTD-P01雷探くん 携帯型 雷 探知器 NTD-P01
日辰電機製作所

商品詳細を見る




5.最初は標準タイムの1.2~1.5倍で計画

子どもは体が小さい=歩幅も小さいです。
大人なら簡単にまたいでいける段差でも、子どもだと手足を使って越えないといけない場所もあります。
また、普段から運動していない子は、すぐにバテてしまいます。

最初から登山地図に出ている標準タイムで歩くことは、かなり難しいです。

子連れで山に登る場合には、最初は標準タイムの1.2~1.5倍はみておいた方が良いと思います。
それを考慮すると、夏山で↑に書いた通りに午前中に歩き終えるとなると・・・
朝6時に出発したとしても、標準タイムで4時間コースくらいが限界ということになります。

親として、早く難しい山や、縦走に連れて行きたい気持ちもわかります。
帰りのバスや電車の時間なんかが気になって、早く早くとせかすこともあるかもしれません。

でも、それやると子どもは確実にグズります。
DSC03810.jpg


時間と体力に余裕を持った登山計画にしましょう!



防寒具を持っていくとか、行動食を持っていくとか、あまりに当たり前のことは書いていません。
気象系のことと、ちょっと無理して強行してしまいそうなことについてまとめてみました。

ご参考までに。
↓ブログランキングに参加してます!
応援クリックしてもらえると嬉しいデス \(^o^)/


  にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ  

ブログに出てくるグッズや実験道具を↓で紹介してます~! 商店ロゴ-001


当ブログはリンクフリーです。
ただし、公序良俗に反する、もしくは犯罪に関わるサイトからのリンクはお断りします。




子連れ登山と成長

息子の夏休みも明日でおしまい \(^o^)/


後半ちょっと失速気味でしたが・・・
山に海にと遊んできました!

今年は息子の成長を感じる場面が多かったです。
で、それが全て登山に関係してまして・・・



■ 富士山リベンジ

昨年、九合目くらいで高山病にかかり、リタイアした息子。
よほど悔しかったのか、今年の登りはかなりのハイペースでした。

悔しいことは、次がんばって乗り越えちゃえ!

というのは結構大事だと思うんデス。
この経験が、他のことにも活きてくるといいんデスけどね・・・
201408040039524d7.jpg



■ 体力アップ

↑の富士山は、お鉢めぐって日帰りで下りてきました。
標準タイムで10時間半のコース。

ぶっちゃけ簡単な登山道ではありますが・・・
これだけ長いコースを一気に歩くのは、やっぱりしんどいもんデス。

が、終始ペースが落ちることなく、楽しそうに歩いてました。
2014080323422519a.jpg


7月に行った雲ノ平も、相当ザックに重いもん突っ込んだんデスが・・・
連日の山登りにもかかわらず、疲れが全く見えませんでした。

タフさは何をやるにも重要!

なんで、更に鍛えられたらいいなと思ってます。
[2014雲ノ平]p014



■ 百名山への執着心

雲ノ平へ行った際に、まったり温泉コースか百名山コースか、息子に選ばせたんデス。
そしたら、予想に反して後者を選択。

ぶちゃけボク自身は百名山にこだわりとかないんですが・・・

目標ができるのはすごく良いこと!

勉強とかでも、そのうち何か目標を見つけてくれるといいんデスけどね。
しばらくは、百名山を中心に登ってみようかと思ってます。
[2014雲ノ平]p196



■ 読書と宇宙に興味を持ち始めたこと

コレは思わぬ副産物なんですが・・・

5泊6日の雲ノ平は、歩いている時間だけでも相当な長さ。
息子がず~~と宇宙の神秘について聞いてくるので、色々と教えてあげていたんデス。

テント場についても時間たっぷり!

なんで・・・
太陽系の説明とかしてみたり、色々ゆったりと勉強できました。
[2014雲ノ平]p054


また、日が暮れると寝るしかないのでシュラフに入りますが・・・
まあ、しばらくは眠れなかったりします。

で、毎晩必ず息子にお話をせがまれまして・・・
最初は適当に作った物語を読んでいたんです。

が、そんなもんすぐにネタ切れ!

しょうがないので、ボクが小学生の頃に大好きだったシリーズ本の話を適当にしてみたところ・・・
読書に興味なかった息子が本が欲しいと!!

ボク、思わずしてやったり顔 \(^o^)/

現在3冊目を読んでいるようです。
続けばいいんデスけどね・・・
[2014雲ノ平]p139




最初は・・・

頑張ればどんな山でも越えられる!

というコトを知って欲しかったんです。
が、普通の山であれば、段々と余裕になってきてしまいました。

一方で、余裕が出てきたところで、百名山というこだわりも出てきました。
また、楽しく色んなコトを話ながら登ったり、ゆったりした時間の楽しみ方ができるようになってきました。


そんなわけで、色んな面でいい影響があるなと思ってまして・・・
個人的に子連れ登山はオススメなわけデス!

ただくれぐれも危険のないように、無理は決してせず・・・
子どものレベルにあわせた登山を楽しんでください~!!

↓ブログランキングに参加してます!
応援クリックしてもらえると嬉しいデス \(^o^)/


  にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ  

ブログに出てくるグッズや実験道具を↓で紹介してます~! 商店ロゴ-001


当ブログはリンクフリーです。
ただし、公序良俗に反する、もしくは犯罪に関わるサイトからのリンクはお断りします。




子連れテント泊登山のススメ

山はテント泊が断然楽しい!

あの重たいザックを担いで登ることさえやり遂げてしまえば・・・
楽しい楽しい山での野営が待っています。
P9210064.jpg


もう二度とあんな重いもん担いで登るもんか!
なんて思った数日後、また行きたくなるのがテント泊登山。
[2014雲ノ平]p143


なんでこんなに魅力的なのか?

ボクなりに、いくつか理由を考えてみました \(^o^)/



□ 安全地帯を確保することの高揚感

山に登るのは、ある意味過酷な挑戦でもありまして・・・
衣・食・住の大切さを、常に確認しながら歩くことになります。

・軽いけど保温性にすぐれた防寒具、雨をはじくレインウェア。
・長い距離と高低差を踏破するためのエネルギーの元となる食糧、それと水。
・過酷な環境(雨風や気温の低下)の中で休息や睡眠をとるためのシェルター。

どれ一つ欠けても、最悪死んじゃうわけで・・・
山小屋のありがたみを痛感する理由でもあるんデス。


で、テント泊はというと・・・

最後の住も自分で確保しちゃおう~~!
[2014雲ノ平]p113


ここに楽しさがあるんじゃないかなと思います。
住の確保、言ってみればキャンプの原点、野営ですね。

で、テントを張り終えると・・・

今日の安全地帯ゲット~~ \(^o^)/
[2014尾瀬]p053

という謎の高揚感につつまれます。

テントを張り終えたことに、ここまでの気持ちになれるのは・・・
個人的には、登山と雪中キャンプのときくらいデス。

過酷な環境の方が、住のありがたみがわかる!

ということなのかな。



□ 創意工夫することへの探究心

山登りするとき、特にテント泊するときはそうなんですが・・・
100gでも荷物を軽くしようと努力することになります。

なんで、一般的にみんなが持っていく調理器具というと・・・
シングルバーナーとコッヘルのセットのみ。
DSC05413-001.jpg

これでどれだけ美味いものを作れるか。
その創意工夫が楽しいんです!

食材は・・・
これはさっき書いたことと少し矛盾してしまうんですが・・・

食べたいものを持っていく!
P9220235.jpg


もちろん、食材を豪華にするのと重量を軽くすることはトレードオフの関係。
お互いのバランスをとりながらということになります。

この創意工夫がまた楽しいんデス!
DSC05410.jpg

出来るだけ荷物はコンパクトにしたい。
けれども、出来るだけ不便な山でおいしいものを食べたい。

制限のある中で、ちょっと凝ったものを作れたりすると・・・
ものすごい贅沢した気分になっちゃったりします。

食のありがたみを痛感できるんですね~



□ 結論

人間が生きるのに必要な衣・食・住。
テント泊登山が楽しいのは、過酷な環境や制限の中で、そのありがたみを強く痛感できるからじゃないかと思います。

そして、子どもはそういうことを敏感に感受します!

日常生活ではもちろんのこと・・・
何から何まで持ち込めるキャンプとかでは、ちと味わうことができません、これは。


おまけに・・・

景色が抜群にキレイ!
[2014雲ノ平]p139

だし、なにより・・・

安く泊まれる \(^o^)/
[2014雲ノ平]p216

コレ。
最高なわけです。


そんなわけで、みんな!
子ども連れてテント泊登山に行こ~!!

↓ブログランキングに参加してます!
応援クリックしてもらえると嬉しいデス \(^o^)/


  にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ  

ブログに出てくるグッズや実験道具を↓で紹介してます~! 商店ロゴ-001


当ブログはリンクフリーです。
ただし、公序良俗に反する、もしくは犯罪に関わるサイトからのリンクはお断りします。




子連れで山小屋に泊まるときに・・・

こんばんわんこ (U^ω^)

いやー、どうにもGW明けって、体的にも精神的にも辛くありません?
ボク、今日とか体中が倦怠感におそわれ、どうにもダメダメでした・・・


話かわりますが・・・
日々こんなブログ書いてるじゃないですか。

すると、やっぱりGWはアクセスが多いんですよ。
色々と遊び関係の検索で来てくれる方が多くなるんですね。

で、最近多い検索ワードの一つに・・・

子連れ 山小屋 宿泊

というのがあるんです。

これから山のシーズン!
初めての子連れ山小屋泊で、色々情報収集してる方が多いんでしょうかね。



そんなわけで、今日は子連れで山小屋に泊まるのがどんな感じなのか・・・
ちょっと書いてみようかと思います。



まず、山小屋はホテルとかとは全く違う宿泊施設です。
寝床は、基本的に布団がびっしり敷きつめられます。


布団1枚につき1人。
混雑時には、1枚につき2人ということも。なんで・・・

どこでも眠れる子供じゃないと、ちょいキツイかもしれないです。

個人的な感想を書いてみると・・・

↓人気No1と言われる燕岳の燕山荘
[山小屋]p007

どうでしょう?

ココは評判通り最高の山小屋の一つ!

・寝床がゆったり
・壁で仕切られていて寝やすい

です。


↓この間行った丹沢の鍋割山荘はこんな感じ
[山小屋]p004

屋根裏に上がっての就寝で
[山小屋]p005

山小屋としては、かなり広々で快適。
爆眠。


↓富士山
[山小屋]p002

平日だったんで1枚に1人寝れたんですが、敷布団の幅が狭くて若干窮屈・・・
でも爆眠。

寝床の広さは、大体こんな感じです。


その他の注意点としては・・・

・布団はほぼセンベイ状態で、背中がゴリゴリします。
・ホコリだらけの場合もあります。
・ものっ凄いイビキの人が必ずいます。



ちなみに、子連れの山小屋泊で絶対NGなのが・・・

・まだ夜泣きしちゃう子
・まだおねしょしちゃう子


写真の様な状況なんで、本気で周りの人に迷惑かかると思います。
個室が用意されている山小屋もありますが、やっぱり鳴き声は響くし、汚れた布団は洗えない。
やめといた方が良いです。



次に食事

基本的に登山者を喜ばせてくれようとしてくれるところが多いです。

↓燕山荘
[山小屋]p006


↓丹沢の鍋割山荘

[山小屋]p001

(この他に、天ぷら、鶏肉と真鯛の炒め物、サラダ、おでん等々・・・)


↓殺生ヒュッテ(槍ヶ岳)
[山小屋]p011


↓槍沢ロッヂ

[山小屋]p012

本当に頭の下がるレベルで、おいしいご飯を出してくれます!
2000~3000mの山の上で、これだけのクオリティーは素晴らしいです!!



ご飯もお味噌汁も、大抵のところはおかわり自由。
なんで、食べ盛りの子供でも大丈夫!

逆に少食の子ですが・・・
山登ってお腹すくので、まず完食になると思います。
万が一残っちゃったら、パパ・ママで食べてあげてください!



最後に山小屋の雰囲気

山小屋によりますが・・・
今まで泊まったところは、感じの良いところが多かったです。

↓殺生ヒュッテ(槍ヶ岳)
[山小屋]p013

↓燕山荘(燕岳)

IMG_3537.jpg

頑張って登った後にホッとできる場所。
それが山小屋だと思ってます。


ですが、富士山だけは注意!!

何なんでしょうかね。
何もしなくても人がたくさん来るからなのか、何なのか・・・

他の山小屋とは全くの別物。
めっちゃ殺伐とした雰囲気!


まるで前科のつかない監獄に放り込まれた感じ。
詳しくは書きませんが、人を人扱いしない対応。
忙しいからしょうがない部分があるのもわかりますが・・・


夕飯も↓とか・・・
[山小屋]p003

まあ、食べられるだけ幸せってことなんでしょうかね・・・

ただでさえ、かわり映えしない景観に単調な登山道。
ストレスMAXになること間違えなし。
泊まるなら、相当に覚悟しておいた方が良いデス。

ツアーで登ると若干対応が違うらしいんで・・・
心配なら申込みするのも良いかも。。


↓ブログランキングに参加してます!
応援クリックしてもらえると嬉しいデス \(^o^)/


  にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ  

ブログに出てくるグッズや実験道具を↓で紹介してます~! 商店ロゴ-001


当ブログはリンクフリーです。
ただし、公序良俗に反する、もしくは犯罪に関わるサイトからのリンクはお断りします。




子連れ登山2013年ランキング(まとめ)

12月の週末の予定もほぼ確定しまして・・・
今年はもう山は登らない予定です。

ということで~
☆2013年まとめランキング~登山編☆

今年は低山に始まり、ベストシーズンはアルプス・八ヶ岳、最後は丹沢で〆の1年でした。
全部で10回ほどの登山。
10月の天気が悪かったのが残念でした><


子どもの登山の楽しみは、大人のそれとは違っていたりもしますが・・・
景観や難易度、どれだけ満喫できたか、その他もろもろの要素。
そんな観点からのランキングです!

第1位は当然ここ!!

北アルプス・槍ヶ岳
http://asobooow.com/blog-category-2.html
P8010356-001.jpg

1年前から計画し、岩場の練習もしてきました。
当初はまず無理だと思っていたので、半分ネタの企画だったんですが、登ってきました。

難易度、体力度、景観、感激度、どれをとっても今年最高の達成感!
いつか違うルートでまた登ってみたいです。



第2位: 富士山
http://asobooow.com/blog-category-3.html
DSC09966.jpg

槍ヶ岳挑戦への足慣らしに登山。
残念ながら、息子は9合目で高山病でリタイアでした。

正直、ムカツク山小屋の対応、変わり映えしない景観、ダラダラと退屈な登山道、どれをとっても満喫度は低いんですが、とりあえず日本一の高さということで2位に。

できれば2回は登りたくないんですが、来年の息子のリベンジに付き合うかも・・・


第3位: 八ヶ岳・硫黄岳
http://asobooow.com/blog-category-49.html
P9220177.jpg

初めての山でのテント泊。
のんびり登山でとても楽しめた登山でした。
景観もとても良く、ボク個人的には八ヶ岳で一番好きな山かも。

次回は、硫黄岳~横岳~赤岳の縦走で行ってみたいです。


第4位: 北アルプス・燕岳
http://asobooow.com/blog-category-4.html
IMGP0592-001.jpg

去年に続いて2回目の登山。
お手軽だけどキツイ、キツイけどお手軽、そんな感想の山です。

ここは、山小屋(燕山荘)、合戦小屋のスイカ、真っ白でキレイな山頂、槍を望む景観、どれを取っても最高の山の一つ!
何度でも登りたい山なんで、来年も多分登っちゃいます!!



第5位: 丹沢縦走
http://asobooow.com/blog-category-57.html
[丹沢2013]p219-001

ここも去年に続いて2回目の登山。
丹沢の縦走はとにかく楽しいです!
低山だけど景観は良いし、体力的にも結構ハードでかなり満喫できます。

アルプスに雪が降り始めたら、丹沢で〆!
毎年そんな感じで行きたいです。




来年はもっと山に行きたいです。
なので、冬山にもチャレンジ予定です。

そして、今年は槍ヶ岳だった挑戦シリーズ、来年は今のところ奥穂を検討中!
三点支持のトレーニングを更に強化していこうと思ってます。


↓ブログランキングに参加してます!
応援クリックしてもらえると嬉しいデス \(^o^)/


  にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ  

ブログに出てくるグッズや実験道具を↓で紹介してます~! 商店ロゴ-001


当ブログはリンクフリーです。
ただし、公序良俗に反する、もしくは犯罪に関わるサイトからのリンクはお断りします。




プロフィール

asobooow

Author:asobooow
血液型: B型
趣味: 登山
好きなこと: 晴れの日のアウトドア
嫌いなこと: 晴れの日のインドア
特技: 思いたったら即実行!
出没地: 伊豆・長野

休日晴れるとハイになります!
休日雨降ると鬱になります・・・

カテゴリ
最新コメント
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: