子育てパパの遊びのススメ

あびンゴ!編 / 好き勝手な感想に愚痴、ときおり登山に海にキャンプ!

子連れ登山 / 丹沢縦走:塔ノ岳~丹沢山~鍋割山(山小屋1泊)~その1

11月に入るとアルプスはもう冬の装い。
子連れで雪山は厳しそうなので、しばらく登山は低山中心になります。
今回行ってきたのは丹沢。塔ノ岳~丹沢山~鍋割山を、1泊2日で縦走してきました。

紅葉シーズンのため、大混雑が予想される大倉尾根を避けて、戸沢山荘から天神尾根に抜けるルートを選択。
混雑どころか全く人を見かけないこのルートなのですが・・・

ひー、なんじゃこりゃあー!!
de2da5081d68258b82b28a7006ce7764.jpg
高さ1m程の土止めがいくつも連続していたりします。
息子も最初はアスレチックみたいだと楽しんでいましたが、途中からかなり疲弊した様子。
子連れ登山には、絶対にお勧めできないルートです。

天神尾根から塔ノ岳までは、比較的整備された登山道。小さいお子さんでも問題なく登れると思います。
DSC00326.jpg


また、運が良ければ、丹沢名物の鹿にも遭遇するチャンスがあります。
DSC00334.jpg
私たちは3回ほど遭遇。いずれも5m程の至近距離で鹿を観察できました。
小さいお子さんであれば、ものすごく興奮すると思います!


塔ノ岳に到着し、宿泊場所の尊仏山荘に荷物を置いた後、丹沢山へ縦走してきました。
それほどアップダウンのない稜線は歩きやすく、景色も良いです。
荷物を置いて身軽になったからか、息子はひたすら走っていました。
P1030864.jpg

尊仏山荘に戻ると、「やまぼうしの会」という楽し気なおじさんグループに誘われ、一緒に宴。
息子も色々おつまみやおかしをもらい、すっかりおじさんたちになついてしまいました。山荘宿泊はこういう交流がとても楽しいです。

かなりの距離を歩いたためか、夕食後はすぐに全員爆眠。
私もお酒がまわって、9時前には眠ってしまいました。

↓ブログランキングに参加してます!
応援クリックしてもらえると嬉しいデス \(^o^)/


  にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ  

ブログに出てくるグッズや実験道具を↓で紹介してます~! 商店ロゴ-001


当ブログはリンクフリーです。
ただし、公序良俗に反する、もしくは犯罪に関わるサイトからのリンクはお断りします。




子連れ登山 / 丹沢縦走:塔ノ岳~丹沢山~鍋割山(山小屋1泊)~その2

丹沢2日目


塔ノ岳は見晴しが良く、横浜から千葉方面の平地も富士山も見ることができます。
夜明け前のきれいな夜景を見たくて、息子と朝4時半に起床。
日の出直前の空に、明けの明星が輝いていました。
DSC00497.jpg

そして、今回は息子も一緒に御来光を観察。
大人のように、綺麗だという感性はまだあまり無いのかもしれませんが、それでも太陽が地面から出てくるという現象を興味深く見ていました。
P1030931.jpg

日の出の反対側では、光を浴びて葡萄色に染まった富士山が見れます。
やはり、息子はあまり景色の美しさには興味ないようでしたが・・・いつかきっと何らか感性に良い影響を与えてくれたらいいなと思っています。
DSC00524.jpg

丹沢2日目は、まず塔ノ岳から鍋割山へ縦走。
このルートもそれほどアップダウンはなく、小さいお子さん連れでも問題ないルートだと思います。そして、この日も2回ほど鹿に遭遇しました。

鍋割山では、名物の鍋焼きうどんを堪能。天ぷらも入って具沢山。
山で食べるのが気持ち良いのでしょう、息子もがっついて食べていました。
DSC00587.jpg

鍋割山でしばらく休憩した後、二俣経由で大倉まで下山。
2日間で約20km近いのルートでしたが、息子が一番体力が余っていました。子供は元気ですね・・・

↓ブログランキングに参加してます!
応援クリックしてもらえると嬉しいデス \(^o^)/


  にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ  

ブログに出てくるグッズや実験道具を↓で紹介してます~! 商店ロゴ-001


当ブログはリンクフリーです。
ただし、公序良俗に反する、もしくは犯罪に関わるサイトからのリンクはお断りします。




子連れ登山 / 天城縦走:万三郎岳~万二郎岳(日帰り)

伊豆の山と言えば天城山。複数の山々から構成される連山の総称です。
今回登ってきたのは、そのうち万二郎岳と万三郎岳。
11月中旬だというのに、息子は山で虫を探すと言い張って、虫かごを首から下げてのハイキング。
DSC00749.jpg

この天城高原一帯は年間を通じて降雨量が多く、前日は大雨。
当日は雨こそ降っていなかったもののガスまみれでした。
DSC00822.jpg
虫など探す余裕なんて全くありません(笑)

色とりどりの落ち葉の絨毯はとてもきれいなのですが、霧と落ち葉で道がわかりにくいところが何か所かあり・・・
IMG_0004.jpg

痛恨の道間違え(泣)
IMG_0008.jpg

ガケの様な急斜面を途中まで登ったところで、息子に「道違うよ」と言われ気づきました。。。


景色の良い写真は全くといっていいほど撮れませんでしたが、それでもガスが薄くなった時に、ヒメシャラ(姫沙羅)の群生している面白い写真を撮ることができました。
DSC00769.jpg
サルスベリのようにつるっとした幹が特徴で、ツバキ科の植物のようです。


次回は是非天気の良い時に来てみたいと思います。

↓ブログランキングに参加してます!
応援クリックしてもらえると嬉しいデス \(^o^)/


  にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ  

ブログに出てくるグッズや実験道具を↓で紹介してます~! 商店ロゴ-001


当ブログはリンクフリーです。
ただし、公序良俗に反する、もしくは犯罪に関わるサイトからのリンクはお断りします。




子連れ登山 / 八丈富士(日帰り)

さぷら伊豆のokamoooさんに誘われ、11月の三連休を利用して八丈島へ行ってきました。
大人6人子供2人での大所帯。
オフシーズンとあって旅行代金も安いのですが、当然海には入れません。目的は八丈富士のお鉢めぐり。


行きは竹芝桟橋からフェリーで10時間の行程だったのですが、2等椅子席という一番安い席。
椅子席で眠れるか、船酔いはしないだろうか、色々心配しましたが・・・
DSC09614.jpg
普通に全員熟睡、心配だった子供たちも爆眠、船酔いも全くありませんでした。
子連れの船旅も、そこまで心配する必要はないかもしれません。

八丈島初日は、あいにくの暴風雨。
登山はあきらめ、とりあえず向かった温泉(裏見ヶ滝の湯)は貸切状態。
男女混浴、水着着用の温泉で、子供たちは大はしゃぎでした。
DSC00925.jpg


翌日も天気は回復せず、午前中は南原千畳敷などを観光。
八丈富士の噴火の際に流れ落ちた溶岩でできた台地で、天気が良ければかなり景色が良いのでしょうが・・・
DSC09745.jpg

お昼過ぎにようやく雨があがり、ときおり太陽も顔を覗かせ始めたので、急いで八丈富士の登山口に向かいました。
ここから1280段の階段を登るとお鉢にたどり着きます。
八丈富士2

階段は段差がきついわけでもなく、小さな子供でも余裕で登れるつくりになっています。
但し、お鉢めぐりのルートは結構過酷。大人の腰以上の高さまで低木が生い茂っている場所もあり、小さい子供には結構な悪路。
八丈富士1

おまけに今回はガスが濃くてルートが見えず、お鉢を巡っていることすらわからない状況。最悪です。
DSC09836.jpg

それでも何とかピークハントし、お鉢を一周して下山しました。
P1030954.jpg
お鉢めぐりで1時間半ほどかかったと思います。

帰りは飛行機で羽田まで。
次回は天気の良い日に登り、てっぺんから太平洋を一望したいと思います。


コースタイムなどをヤマレコに書きました
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-247690.html


↓ブログランキングに参加してます!
応援クリックしてもらえると嬉しいデス \(^o^)/


  にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ  

ブログに出てくるグッズや実験道具を↓で紹介してます~! 商店ロゴ-001


当ブログはリンクフリーです。
ただし、公序良俗に反する、もしくは犯罪に関わるサイトからのリンクはお断りします。




プロフィール

asobooow

Author:asobooow
血液型: B型
趣味: 登山
好きなこと: 晴れの日のアウトドア
嫌いなこと: 晴れの日のインドア
特技: 思いたったら即実行!
出没地: 伊豆・長野

休日晴れるとハイになります!
休日雨降ると鬱になります・・・

カテゴリ
最新コメント
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: