子育てパパの遊びのススメ

あびンゴ!編 / 好き勝手な感想に愚痴、ときおり登山に海にキャンプ!

子連れで体験~土肥金山の砂金採り

西伊豆の土肥のあたりをぷらっと車で走っているときに、「金山跡で砂金採り体験できるんだよね」なんていう話をしていたのですが、これが息子が興味深々。
あげく、「砂金いっぱいとって、パパにあげるよ」と言い出すしまつ。「お金がない、お金がない」と普段から言い過ぎなのだろうか・・・

そんなわけで、土肥金山で砂金採り体験してきました。(金山と言っても今は閉山されていてテーマパークになっています)


気持ちがはやる息子ですが、砂金採りの前にまず学習。
坑内に実際に入り、昔の人がどんなふうに金を採掘していたのかを見学です。
DSC02346.jpg
金のことしか頭になく、写真は撮ってみたものの、この人が何の仕事をしている人なのかさっぱり思い出せない私、そして息子。

とにもかくにも

金!金!!金!!!

とっとと坑道見学を終えて展示場に行くと
DSC02352.jpg

金キター!!


購入時で10億円の金塊。
金が値上がりしていることを考えると・・・ゴクリ…


そしていよいよ砂金採り。
パンニング皿という砂金採り用の皿を使って、砂利の中からあらかじめテーマパークの主催者が混ぜ込んだ砂金を取り出します。
何というマッチポンプ。潮干狩り砂金バージョンです。

それでもパパに金をあげようと、血まなこな大人たちに混じって頑張る息子。
DSC02364.jpg

「金!金採れたの!?金はどこ??金!金!!!」

DSC02366.jpg

妻も血まなこです。
どうやら二人とも金の魔力にやられてしまったようです。。。


採れた砂金9粒
DSC02490.jpg

やったね、これでパパも大金持ち!!

↓ブログランキングに参加してます!
応援クリックしてもらえると嬉しいデス \(^o^)/


  にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ  

ブログに出てくるグッズや実験道具を↓で紹介してます~! 商店ロゴ-001


当ブログはリンクフリーです。
ただし、公序良俗に反する、もしくは犯罪に関わるサイトからのリンクはお断りします。




子連れで溶岩観察~パホイホイ溶岩とアア溶岩 @城ヶ崎海岸

溶岩を見たいと息子が言うので、吊り橋で有名な城ヶ崎海岸の門脇崎にやってきました。
P1040504.jpg

城ヶ崎海岸といっても、一帯は全て切り立った崖。
伊豆高原にある大室山の噴火で流れ出た溶岩と、波の浸食によってできた海岸なのです。
P1040508.jpg
ちなみに崖の高さは10~20m。落ちたら確実に痛いじゃすまないです!

そんな恐ろしい場所なのに、どうしても下を覗きたいという息子。
両足をガッチリつかまえて少しだけ見せてあげましたが、私の方がガクブル状態。
P1040512.jpg
子供は高いところ、怖くないものなのだろうか??


この城ヶ崎海岸、茶色の岩とグレーの岩の2種類があるのがわかるでしょうか?
下のグレーの方をパホイホイ溶岩、上の赤茶けた方をアア溶岩と言います。
P1040510-001.jpg

どちらも同じタイミング、同じ溶岩からできたものなのですが、溶岩の粘度の違い?により、種類が異なります。
溶岩マニアでも鉱物マニアでもないので、詳しいことはわかりません。
私では説明できないので、興味のある方は wikiの説明を見てみてください。
wiki パホイホイ溶岩


アア溶岩は崖にたくさん転がっています。
パホイホイ溶岩は下の方にあるので、波打ち際まで下りられる場所で触れます。
P1040497-001.jpg 

こんな波模様の岩が、パホイホイ溶岩の典型的な特徴です。
DSC02498.jpg


と、色々知っていたかのうように書きましたが、全部ネットで調べました(笑)
うーん、勉強になった!

↓ブログランキングに参加してます!
応援クリックしてもらえると嬉しいデス \(^o^)/


  にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ  

ブログに出てくるグッズや実験道具を↓で紹介してます~! 商店ロゴ-001


当ブログはリンクフリーです。
ただし、公序良俗に反する、もしくは犯罪に関わるサイトからのリンクはお断りします。




子連れで楽しむ河津桜まつり

河津の桜まつりに行ってきました。
息子もこの桜まつりは大好きで、ここ3年は毎年見に行っています。

あいにくの曇り空でしたが、7~8分咲きということもあって、伊豆急の河津駅は大混雑でした。
DSC02532.jpg
1か月で延べ100万人が見に来るという、東伊豆の一大イベントなのです。

そこそこお金がかかってしまいますが、子連れで電車で行く場合には、指定席の予約をしておくことを強くお勧めします。実際帰りの自由席車両は、東京の通勤ラッシュ並みの混雑でした。
(伊豆急の指定席はJRのえきねっとで予約可能です)


ぼたっとした感じが特徴の河津桜。
ソメイヨシノの様な淡い色合いではなく、もう少し明るいピンクです。
DSC02542.jpg
立ち並ぶ出店には、ご当地名物からたこ焼きやバナナチョコまで、色々と売っています。
買い食いとお土産選びも、河津桜まつりの面白さの一つ。小さいお子さんは、興味津々となるはずです。


桜まつりのメインは川沿いの歩道。
桜と菜の花のコントラストと川のせせらぎが春の訪れを感じさせてくれます。
P1040528.jpg


今日は青鷺(アオサギ)さんも川でお花見。
P1040550.jpg


河原に降りられる場所もあります。
水切りしたり走り回ったりと、子連れの家族でにぎわっています。
DSC02561.jpg

小さいお子さん連れにもおすすめのお祭りです!

↓ブログランキングに参加してます!
応援クリックしてもらえると嬉しいデス \(^o^)/


  にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ  

ブログに出てくるグッズや実験道具を↓で紹介してます~! 商店ロゴ-001


当ブログはリンクフリーです。
ただし、公序良俗に反する、もしくは犯罪に関わるサイトからのリンクはお断りします。




子連れは注意! / 磯遊びで危険なカニ

これからGWにかけて、いわゆる「バチ抜け」の時期。ゴカイやイソメなどが産卵のため川底から這い出し、それを捕食する海の生き物の動きが活発になる時期です。
海で泳ぐのはまだ無理、でも色々な生き物を観察するにはうってつけの時期なんです。


毎年この時期になると、毎年息子とタイドプールでいろいろな生き物を捕まえたり、観察したりしています。
そして子供は無邪気で好奇心が旺盛、こんなことも平気でできちゃいます。
kiken1.jpg


でも注意!海の生き物には危険なヤツも結構います。
毒針をもっているヤツ、鋭い歯やヒレを持っているヤツ。

うちも以前こいつを捕まえました
kiken2.jpg

【スベスベマンジュウガニ】
・日本では千葉から沖縄にかけて生息
・筋肉に毒があり、食べると死ぬことも


捕まえたときは、毒持ちのカニがいるなんていう知識は全くなく、妻はボイルしてみそ吸っていました。
筋肉にのみ毒があるらしく問題ありませんでしたが、今から思い出してもガクブルです・・・


毒がなくても危険な生き物では、鋭利な棘をもつアカエイなんかが有名ですが、好戦的なカニにも注意です。
種類は不明(ノコギリガザミ?)なのですが、昔えらく好戦的なカニを捕まえようとして、右手3か所を負傷、ざっくり深いキズを負いました。
kiken5.jpg

もちろん軍手をして捕まえたのですが、この有様。
この手のカニは、一旦敵をはさむと万力のように締め上げ放しません。子供だと指がちぎれるかもしれないです・・・
こういった奥歯のような歯がついているカニは、挟まれると本当に危険なので、素手で捕獲するのは絶対やめた方が良いです。
kiken3.jpg


シャコにパンチされて指の爪が割れた友人もいます。
子供と海の生き物を獲るのはとても楽しいですが、行く前には危険生物を調べて行きましょう。
うちは学研から出ている「世界の危険生物」という図鑑を使っています。おすすめですよ。

↓ブログランキングに参加してます!
応援クリックしてもらえると嬉しいデス \(^o^)/


  にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ  

ブログに出てくるグッズや実験道具を↓で紹介してます~! 商店ロゴ-001


当ブログはリンクフリーです。
ただし、公序良俗に反する、もしくは犯罪に関わるサイトからのリンクはお断りします。




パパ料理 / 小さい子供にワサビを慣れさせる~ワサビ丼

ワサビ、小さい子供はダメですよね。
無理に子供にワサビを食べさせる必要はないけれど、日本に寿司と刺身という食文化がある以上、いつかは教えないといけない味覚。

すりおろして食べるいわゆるワサビ、これはワサビの根っこの部分で、もちろん一番辛みのある部分です。小さい子供にはちと無理な辛さ。

そこで、今回おすすめするのは、ワサビの茎を使ったワサビ丼です。
wasabi-1.jpg


料理方法は実に簡単。

①ワサビの葉っぱを落とします。

②葉っぱは大葉と一緒に刻んでおきます。

wasabi-2.jpg

③ワサビの茎を1cm位にざく切りします。

④熱々のごはんの上に③を好きなだけぶっかけ、さらに鰹節、刻み海苔と、②の葉っぱと大葉ををぶっかけます。

⑤上から醤油を適量かけて子供用は出来上がり!
wasabi-3.jpg


大人用には、これにすりおろしたワサビをまぶします。


ワサビの茎はワサビ本体の様な辛みはなく、小さな子供でも香りを楽しむことができます。ワサビに慣れさせるには最適!
そして大人用のはお酒の後の〆に最適です!


産地以外でワサビの茎の部分が売っていることはまれかもしれませんが、見つけたら是非試してみてください!

↓ブログランキングに参加してます!
応援クリックしてもらえると嬉しいデス \(^o^)/


  にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ  

ブログに出てくるグッズや実験道具を↓で紹介してます~! 商店ロゴ-001


当ブログはリンクフリーです。
ただし、公序良俗に反する、もしくは犯罪に関わるサイトからのリンクはお断りします。




プロフィール

asobooow

Author:asobooow
血液型: B型
趣味: 登山
好きなこと: 晴れの日のアウトドア
嫌いなこと: 晴れの日のインドア
特技: 思いたったら即実行!
出没地: 伊豆・長野

休日晴れるとハイになります!
休日雨降ると鬱になります・・・

カテゴリ
最新コメント
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: