子育てパパの遊びのススメ

あびンゴ!編 / 好き勝手な感想に愚痴、ときおり登山に海にキャンプ!

子どもと丹沢縦走してきた!(1日目)/ 大倉尾根~塔ノ岳~行者ヶ岳~鳥尾山~三ノ塔~三ノ塔尾根 / 子連れ登山

今年も登ってきました、秋の丹沢!!

今回は・・・

大倉尾根~塔ノ岳~行者ヶ岳~鳥尾山~三ノ塔~三ノ塔尾根

の約16km縦走ルート。
1泊2日の日程です!


初日、大倉バス停からいざ出発!!
[丹沢2013]p003

登っていくのは大倉尾根。
この尾根道は、蛭(ヒル)が多発するので有名なんですが、さすがにこの時期は見かけません。

バカ尾根の愛称よろしく、しばらくはダラダラした登りが続きます。。
[丹沢2013]p006

ちなみに紅葉は
[丹沢2013]p008

うーん、まあまあ?


去年も見た、何かちょっと気持ち悪い赤い実もありました!
[丹沢2013]p009

食べたら死んじゃいそうな毒々しさを感じます。。


堀山の家を越えたあたりから、段々と傾斜がキツく・・・

よっこらしょ!
[丹沢2013]p010

と大岩で休憩なんか取りながら進みます。



ところで、子供ってあまり景色には興味ないし、単純な登りが続くと飽きちゃうんですよね。
で今年やってみたのが・・・

追いつかれたら鬼ゲーム

3人で間隔を開けて登り、追いつかれると30秒の強制休憩。
鬼になって今度は追いかけるというゲーム。

危ないんで逃げまわったりとかはしません。
あくまで、登山道をまっすぐ登るのがルール。
もちろん混雑しているところでは中断。

これが効果てきめんだったようで・・・

見て下さい!
[丹沢2013]p011

ボクを射程に捉えたときの、このしてやったり顔 ( ^ω^)


で、ボクが鬼になった瞬間・・・
[丹沢2013]p012

小走りでで駆け上がっていっちゃいましたっ!!
ゲーム終了まで、二度と追いつけず (#^ω^)

そして勝利のポーズ
[丹沢2013]p014



天神尾根分岐からは更に急登
[丹沢2013]p016

低山だと思って油断していると、結構足にきます。。

あと、この尾根で一番辛いのがコレ。
[丹沢2013]p017

丸太で区切られた、延々と続く階段!


何でなんですかね、階段って登山だと異常に疲れるんですよ。
自由な歩幅で登れないからなのか、とにかくしんどい!
そして、段差が低いと低いほど疲れる不思議。


休憩中、ふと空を見上げると・・・
[丹沢2013]p015

ファッ!?

[丹沢2013]p018

パラグライダー!

この青い空を自由に飛び回りやがって・・・

めちゃめちゃ気持ち良さそう!!

いつかやってみたいんですけどね、まあしばらく後なんでしょうね。。



そうこうしているうちに、宿泊場所の花立山荘に到着~~
[丹沢2013]p019

当初は、塔ノ岳の山頂にある尊仏山荘に泊まる予定だったんです。
が、満員で予約を断られてしまいまして、急遽の決定。

だったんですが・・・

ここイイ!!
[丹沢2013]p024

薪ストーブあるし
[丹沢2013]p023

ご主人も宿泊者も、みんな凄くアットホーム!!

とりあえずのビールを開けてから
[丹沢2013]p020

消灯までずっと宴会~ (≧∇≦)

ほぼ全てのお客さんが参加。
かなり上機嫌に飲んでたんで・・・

そのときの様子、写真撮り忘れちゃいました (・ω<) テヘ


初日最後の写真、花立山荘からの夜景をあげときます~
[丹沢2013]p025

ほんっと、この山荘イイです!!


(2日目↓へ続きます!)
http://asobooow.com/blog-entry-224.html

↓コースタイム等もヤマレコに書きました!
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-371929.html
関連記事

↓ブログランキングに参加してます!
応援クリックしてもらえると嬉しいデス \(^o^)/


  にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ  

ブログに出てくるグッズや実験道具を↓で紹介してます~! 商店ロゴ-001


当ブログはリンクフリーです。
ただし、公序良俗に反する、もしくは犯罪に関わるサイトからのリンクはお断りします。




コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

asobooow

Author:asobooow
血液型: B型
趣味: 登山
好きなこと: 晴れの日のアウトドア
嫌いなこと: 晴れの日のインドア
特技: 思いたったら即実行!
出没地: 伊豆・長野

休日晴れるとハイになります!
休日雨降ると鬱になります・・・

カテゴリ
最新コメント
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: